キーワードは「穏やか」

静岡でのお見合いからしばらくして、
「結婚することにした」って連絡をくれた
元同僚のN子ちゃん。

彼女が会社を辞めてから実家のある
静岡へ帰ったことは知ってたんだけど、
この間久しぶりに電話をくれてその時
「わたし先日、お見合いしたんだ」って
教えてくれたの。

相手は地元の企業で働くサラリーマンで、
N子ちゃんより2つ年上。
仕事柄異性との出会いがないらしく、
今回のお見合い話を受けることにしたんだそう。

ちなみにN子ちゃんは、実家に戻って
家業の食堂を手伝う毎日。
お客さんの中には年頃の男性もいる
そうなんだけど、やっぱり「お客と店員」では
なんとなく出会いにもならないらしい。

これがお酒の入る場所だったらまだしも、
まあ家族経営の食堂じゃそれも
無理ないかもな、って感じ。

とにかく、初めて会った時の彼の印象は
「特に可もなく不可もなく」だったそうだけど、
その後何度かデートを重ねていくうちに、
「この人なら穏やかな人生が送れるだろうな〜」
って思ったんだって。
それでN子ちゃん、彼との結婚を決めたらしい。

そう、キーワードは「穏やか」。

やっぱり地元にいると時間の流れが
都会とは違うから、「穏やか」なのが
良くなるのかな〜。

会社にいた頃は「せっかちなN子」で
有名だったのに・・・。

でもせっかちなのってなんとなく
生き急いでる感じもするし、
のんびり結婚生活を送れた方が、
確かに幸せなのかもしれないね。

このブログ記事について

このページは、nerina1が2010年9月19日 00:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「波瀾万丈」です。

次のブログ記事は「変わらない彼女」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。