2010年8月アーカイブ

お見合い相手もネットで探す!

e-お見合いって知ってる?

紹介人数業界ナンバー1の「結婚情報センター」が
プロデュースしてるお見合いサイトなんだけど、
入会金無料・月額費無料、おまけに
交際申込み無料ってゆう良心的なサイトなの。

ちなみにシステムなんだけど、
まず無料会員登録が済んだら
サイト内でお見合い相手を検索。

もし気に入った相手がみつかったら、
交際申し込みをするの。

それで相手から「OK」の返事が届いた場合、
申し込みをした人が料金を支払えば
お互いにメール交換できるようになるんだって
(OKの返事をした人は一切無料だよ)。

その後はお見合いメールで交際スタート!

お見合いメールってゆうのは、ふたりが
正式に会う前にメール交換ができるシステム。

ここでお互いのフィーリングを確認して、
実際に会うかどうかを決められるの。

メールはふたりの専用アドレスに送られるから、
プライベートなアドレスをお互い知らされることはないよ。

さて、何度かメール交換するうちに、
「会いたい!」って気持ちも盛り上がってくるよね。

そしたらお互いに日時を決めて、担当者立ち会いのもと
最寄りのセンターにてお見合いできるんだって。

実はここまでのプロセスを、
すべて無料でしたってゆう友達がいるんだ。

もちろん彼女は今、そこで知り合った人と
お付き合いしてるんだけどね。

他のお見合いサイトは何かしらお金が
かかったりするから、「ここはいいよ」って
彼女が勧めてくれたの。

わたしも彼女みたいにうまくいくといいけど(笑)。

お肌すべすべ♡ローション

最近わたしが好んで使っているのが、
「パイナップル豆乳ローション」。

通販サイトでも人気のアイテムなんだけど、
これってムダ毛を処理した後に使う
ボディローションなの。

ちなみにわたしのお気に入りポイントは、
パイナップルの甘くて優しい香りがするところと
気になる毛穴やムダ毛を目立たなくしてくれるところ。

中にはパイナップル酵素と大豆イソフラボンが
含まれているんだけど、そのふたつがお肌を
しっかり潤わせて、かつ保湿してくれるんだよね。

だからローションを塗った後はお肌が
ツルツルになるの♡
ほんと、「いつまでも触ってたい」って感じ(笑)。

もともとコスメオタクなわたしの妹が使ってたんだけど、
「ネットの通販サイトでお徳用を買ったから」って、
試しに1本くれたのがキッカケ。

実際に使ってみたらすごく良くて、以来わたしも
妹に一緒に買ってもらってるんだ。

はっきり言って、わたしはコスメにはかなり無頓着。

ぜんぜん感度も高くないし、
いつまでも安物のコスメを使ってるし(笑)。

だから妹みたいな存在は、
わたしにとってはかなり重要。
彼女がいろいろ教えてくれるから、
使い心地のいいコスメに出会えたりするしね。

ただしわたしの場合、一度使い始めると
ずーっと同じものばっかり使うから、
なかなか自分で「探そう!」って気にはならないんだけど(苦笑)。

ちなみにこのパイナップル豆乳ローションの
通販サイト、「葱狼」で紹介されてるよ。

シークレットシューズが気になる

トレビアン♪」ってゆうブックマークサイトで、
気になる通販サイトをみつけちゃった☆

それが「シークレットシューズ」の通販サイト。

今は日本男子の平均身長も昔と比べて
かなり高くなって、街を歩いてる男の子たちの
中にもスラリとした子が増えたよね。

とは言えみんながみんな背が高いワケでは
もちろんなくて、中には身長が低いことに
コンプレックスを抱いてる人だって少なからずいるハズ。

特に男性の場合、身長の高さがモテる・モテないの
バロメーターになったりするから、低い人にとっては
死活問題だったりするよね(ってちょっと大げさ?)。

でも、そんな人たちの強い味方になってくれるのが、
この「シークレットブーツ」なの。

中には10センチもUPできるスニーカーや
ビジネスシューズがあったりして、
かなり重宝しそうだよ♪

しかもほとんどのシークレットシューズが
自然な感じで、足長効果も抜群!

そりゃ脱いだら本当の身長が分かってしまうけど、
靴を脱がない限り絶対に分からないと思う。

ちなみにこのシークレットシューズ、
レディース用もあるみたいだよ。

実はわたしもすごーく身長が低いから、
気になってるんだよね〜。

やっぱり背の高い子の方が、スタイル良く見えるし。

もし今より10センチも身長が高くなったら、
見える景色も全然違うだろうな。

一度でいいから、背の高い自分を経験してみたいな♡

借金してるの、分かってる?

先日、元同僚に街で偶然出会った。

彼はずいぶん前に「独立するから」と言って
会社を辞めたのだが、そう言えばそれから
まったく音沙汰がなかったような気がする。

お互い気づいたので「元気?」と声をかけ合ったのだが、
「平日のこんな時間に、いったい何をしてるんだろう?」と
ちょっと不思議に思ったわたし。

ちょうどお昼時だったこともあり、わたしたちは
一緒にランチをすることになった。

一通り近況を報告し合った後、彼がひと言
「結局、会社ダメだったんだ〜」。

退職後、彼は友人とともにワインの輸入を手がける
会社を興したそうだが、この不景気で軌道に
乗せることができず、結局倒産。

後にはびっくりするほどの借金が残ってしまったという。

その割には明るい彼、普通借金してたら、
もっと落ち込んでるものなのに・・・。

「それで、借金返すアテはあるの?」と尋ねてみたら、
彼はあっけらかんと「いいのいいの、債務整理するから」
などと言う。

債務整理とは法律で借金を整理する方法のことなんだけど、
自己破産しない限りいずれの方法も借金は返済しなくちゃいけない。

それに債務整理のデメリットについても、
ちゃんと考慮しておくべきだと思うんだけど。

あまりにも考えが足りない彼を見ていて、
「これじゃ倒産するのもムリないわ」と実感したわたし。

彼には悪いけど、「同じ会社で働いてなくて良かった」と
心から思う。

借金してるの、分かってる?

先日、元同僚に街で偶然出会った。

彼はずいぶん前に「独立するから」と言って
会社を辞めたのだが、そう言えばそれから
まったく音沙汰がなかったような気がする。

お互い気づいたので「元気?」と声をかけ合ったのだが、
「平日のこんな時間に、いったい何をしてるんだろう?」と
ちょっと不思議に思ったわたし。

ちょうどお昼時だったこともあり、わたしたちは
一緒にランチをすることになった。

一通り近況を報告し合った後、彼がひと言
「結局、会社ダメだったんだ〜」。

退職後、彼は友人とともにワインの輸入を手がける
会社を興したそうだが、この不景気で軌道に
乗せることができず、結局倒産。

後にはびっくりするほどの借金が残ってしまったという。

その割には明るい彼、普通借金してたら、
もっと落ち込んでるものなのに・・・。

「それで、借金返すアテはあるの?」と尋ねてみたら、
彼はあっけらかんと「いいのいいの、債務整理するから」
などと言う。

債務整理とは法律で借金を整理する方法のことなんだけど、
自己破産しない限りいずれの方法も借金は返済しなくちゃいけない。

それに債務整理のデメリットについても、
ちゃんと考慮しておくべきだと思うんだけど。

あまりにも考えが足りない彼を見ていて、
「これじゃ倒産するのもムリないわ」と実感したわたし。

彼には悪いけど、「同じ会社で働いてなくて良かった」と
心から思う。

かわいそうなKさん・・・

せっかく無限のフィット用エアロパーツで
愛車フィットをドレスアップしたのに、
その後車をぶつけてしまいフロント部分が
無惨なことになってしまったKさん。

最近の彼は「愛車に嫌われてる」としか思えなくて、
そもそもエアロパーツをオーダーする時点で、
間違えて自分のほしかったものじゃなく
別のものを業者さんに頼んでしまったし
(「別のでもかっこ良くなったからいい」って彼
は納得してたんだけど、結局それもダメにしちゃった・・・)。

見積もりとって金額を把握してたのにもかかわらず、
「あれもこれも」って欲を出してしまったばかりに、
最終的な金額がすごいことになってしまったし(笑)。

それでも「かっこ良くなったからいい」って
本人はこれまた納得してたんだけど、
結局すべてが台無しになっちゃった。

かわいそうに〜。

それからの彼はシュンとしてしまって、
本当に元気がない。

「またイチからやり直せばいいじゃん」って
みんな慰めているのだけど、
彼的には前回のですでに燃え尽きてしまったらしく、
もう一度「愛車をエアロパーツでドレスアップさせる」って
ことは今のところ考えられないんだって。

そりゃそうだよね、楽しそうに話してたの、
まだ1カ月前だもんね。

とにかく彼が早く立ち直って、
また愛車に情熱を注いでくれるのを
みんなで願うばかりデス。

まあまあ。良かったんじゃない!?

2人の小学生を抱える友達家族にとって、
ファミリーカーは必需品。

普段の買い物はもちろん、
週末どこかへ遊びに行く時も、
ミニバンは欠かせない。

特にここは男の子が2人だから、
車の中でもジッとしてられない。
いつも2人でじゃれ合っているので、
ミニバンくらいの大きさの車が絶対に必要なワケ。

ちなみに彼らの愛車は、ステップワゴンのエアロ車。

もちろんエアロパーツでドレスアップしてるのは、
旦那様の趣味。

もともと車好き、しかもスポーツカー命だった
彼女の旦那様は、当初ステップワゴンを買うことに
反対していたらしい。

とは言え家族全員が乗れる車が必要だったため、
スポーツカーを買うなどという選択肢はあるワケもなく。

泣く泣くあきらめた旦那様だけど、
せめて「エアロパーツでドレスアップさせてほしい」と
お願いされたため、友達も「ダメ」とは言えなかったんだって。

奥さんのオッケーをもらった旦那様は、
翌日から目を輝かせつつネットでパーツ探し。
すごく楽しそうなので、「これはこれでいいかも」と
思った友達だったけど・・・。

結局あれも、これもと組み合わせるうちに、
かなりクールな車に変身!

もちろんお金もそれなりにかかったらしく、
今になって彼女は「ダメって言えば良かった」と
後悔しているとか。

ま、今さらそんなこと言っても仕方ないし(笑)、
何より息子2人が気に入ってるとのこと、
それはそれで良かったんじゃない!?

フェミニンなのが好き♡

レースのフリルワンピースや
小花柄のシフォンワンピースなどなど、
フェミニンなデザインのお洋服が多い
『セシルリンク』。

ショートパンツの裾にフリルをあしらったり、
カットソーにはラメやリボンをあしらったりして、
ちょっとしたところにも女の子らしさを
散りばめてるんだよね。

わたし的にはノルディック柄のレギンスが
お気に入りなんだけど、コットン素材を
ベースに仕立てられたニットファブリックは、
肌触りが良くては着心地も抜群だよ☆

ちょっと個性的なデザインなんだけど、
トップスを無地でシンプルなものにすれば、
レギンスの柄がワンポイントになって
とってもお洒落なの。
これからの季節に大活躍しそうなアイテムなんだ。

ちなみにこのレギンスをみつけたのは、
セシルリンクの通販サイト。

もちろんこれ以外にもさまざまなアイテムが
掲載されていて、どれも乙女心をくすぐる
愛らしいデザインばかりが揃ってるよ♡

けっこう『セシルリンク』のデザインって、
男性からも受けが良さそう。

もしわたしが男の子だったら、やっぱり
フェミニンなお洋服を着てる子が好みだな♪

ふわっとしたワンピースとか、ひらひらした
ギャザーのミニスカートとか履いてる子に
ときめいちゃうかも。

ドキッとするセクシーなお洋服もたまにはいいけど、
やっぱり着れるうちは、かわいらしい洋服を
積極的に着なくちゃね!

そのうち着たくても着られない歳になるから(笑)。

自慢の愛車が・・・

ヴォクシーのエアロ車に乗ってる、わたしの友達。
フロントからホイールまですべてがドレスアップされていて、
まさに彼の自慢の愛車☆

「信号待ちとかしてると、対向車も歩行者も
オレの車に目が釘付けなんだよね(ホントかな)」
なんて彼が言うくらい、とにかく惚れまくってる♡車なの。

ところが最近、残念なことにその愛車を自分の家の車庫で
ちょっとこすってしまったらしく、運転席のドアにすこーし傷のようなものが。

と言ってもこすっただけだから、へこんでるワケでもないんだけど。
へこんでるのは、どっちかって言うと彼の方(笑)。
まるで大事な娘に傷を付けられた父親のように、
怒ってるんだか悲しんでるんだか複雑な表情を浮かべてた彼。

「そんな、よくあることじゃない」と慰めても、
「オレの愛車が、オレの愛車が・・・」と今にも泣き出しそうな感じ。

彼にとってヴォクシー・エアロは、きっとかけがえのない存在なんだろうな。

ま、自分でぶつけたんだし結局は自業自得。
それに交通事故を起こしたわけでもぶつけられたわけでもないんだから、
そんなに落ち込むことないと思うケド。

わたし的には「こすれた部分にマニキュアでも塗っとけば?」って
感じだけど、もちろん彼はプロに頼んで直してもらう模様。

確かに自慢の愛車を、そんな小手先の方法で
ごまかすワケはないもんね(笑)。

いくらかかるのかは知らないけれど、お気の毒さま〜。

彼への誕生日プレゼントに

彼の誕生日に何をプレゼントしようか迷っていたんだけど、
本人が「ドライバーがほしい」と言うので、
ゴルフの通販サイトで探してみることに。

実は今まで使ってたドライバーが壊れてしまったらしく、
ちょうど新しいのに買い替えようと思っていたところだそう。

「それなら誕生日プレゼントってことで、わたしに買わせてよ!」と
オファーしたまでは良かったんだけど、
サイトのオンラインショッピングページをチェックしてちょっとビックリ。

ドライバーって高いのね・・・。

わたしはゴルフをしないのでクラブも買ったことないし、
だから価格の相場なんて全然知らなかった。

相場って言ってもそれこそ1万円台のものもあれば
10万円以上するものもあるし、メーカーとか性能とかによって
価格もまったく違うしね。

とにかくたくさんのドライバーがあるのでわたしには決められず
(だって知識もないし)、彼にどれがほしいのかズバリ訊いてみたの。

もともと彼が買おうとしてたドライバーは、3万円以内のもの。
10万円以上もするものだったらさすがにわたしには手に負えないので
(自分のものでも躊躇しちゃう金額だよね、やっぱり10万円って)
自分で購入してもらうところだけど、3万円以内ならなんとかなるかな。

それでもまだ誕生日プレゼントの相場にしては高いけれど。

ま、いつも彼にはお世話になってるしいろいろプレゼントしてもらってるし、
今回くらいは奮発してドライバーを買ってあげよう!

食べて、祈って、恋をして

もうすぐ日本でも公開される映画、
「食べて、祈って、恋をして
(ちなみに英語のタイトルは『Eat, Pray, Love』)」。

これ、エリザベス・ギルバートってゆう女性が
実際に自分の経験をもとにして書いたノベルなんだよね。

イタリアではとにかく食べまくり、インドでは瞑想しまくり、
そしてバリ島では恋に落ちてー。

ちなみにこのノベル、なんと全世界で700万部以上も
売れてる大ベストセラーなんだって☆

映画版ではあのジュリア・ロバーツが演じているんだけど、
ノベルを読んだ友達は「彼女にピッタリ!」とキャスティングを大絶賛。
確かに、どんな困難にも負けないで前向きに生きて行く
アラフォー女性を演じさせたら、きっと彼女の右に出る者はいないと思う。

まさに彼女は「ハマり役」かもね。

ところで、先日、映画のPRで来日してた彼女だけど、
実は初来日だったんだってね。

あんなにキャリアが長くて日本でも有名な女優さんなのに、
初めてってゆうのは意外だったな〜。
個人的にはけっこう好きな女優さんのひとりだけど、
それにしても彼女、10年前とまったく変わらないよね。
あの美貌といい、スタイルといい・・・。

そりゃ並々ならぬ努力をしているんだろうけど、
あれだけのレベルを保っていくなんてある意味奇跡的。

さすが世界的な女優さんだけあるわ♡

結局、牛丼

極上の牛のスライスが安く手に入ったから、
夏だけど「すき焼き」か「しゃぶしゃぶ」でも
しようかと思って。

クーラーをガンガンにきかせた涼しい部屋で
鍋物を楽しむのも、たまには贅沢な感じがして
いいじゃない(笑)?

ところが、ここで悩むのが「どちらにするか」。

あっさりした味ならしゃぶしゃぶだけど、
すき焼きの甘辛い風味も捨てがたい。

それにすき焼きはお肉以外にもいろんな具が
楽しめるしな・・・(例えば豆腐とかネギとかシラタキとか)。

などと考えていたら、すき焼きに気持ちは傾いた。

「待てよ、しゃぶしゃぶ鍋に入れるマロニー、そして
ポン酢のコンビネーションも素朴でおいしいんだよな」

などと考えたら、やっぱりしゃぶしゃぶか・・・とも思いはじめ。

結局自分では決められなくなって、
彼に電話で確認することにした。

「ねぇ、今晩すき焼きとしゃぶしゃぶどっちがいい?」と
尋ねると、なんと彼の答えは「どっちもイヤ(もちろん理由はこ暑いから)」。

えーなんでー。そんなこと言われたら身もふたもないじゃない!!

「だって、牛のスライス買ったんだもん」と反論すると、
「スライス買ったからって、別にすき焼きやしゃぶしゃぶしなくたって
いいじゃん」ともっともなことを言われちゃいました(涙)。

そんなわけで、どちらもあきらめたわたし。

結局、極上の牛スライスで牛丼作りました・・・。
ま、これはこれでおいしかたけど♪

よい意味での理想と現実

ファッションにはかなりのこだわりを持つRさん。
確かに彼女が着ている洋服は、いつもかわいい。

しかも彼女に似合ってて、もちろんトータルコーディネートもバッチリ!
センス抜群の彼女だからできる外し方や遊び心は、
凡人のわたしにはちょっと真似できない(笑)。

そんな彼女だからこそ、男を選ぶ基準は「お洒落かどうか」。
その人独自のセンスがあって、かつ自分に似合う洋服を
着こなしていることが絶対条件となる。

とにかく彼女のファッションチェックは、
評論家も真っ青なくらい厳しい!

なので彼女のお眼鏡に叶う男性は、
今までなかなか現れなかった。

ところが先日、Rさんからメールが届きそこには
「彼氏できました♡」とのメッセージが。
驚いたわたしだったけど、彼女が選んだ男性となれば、
かなりのセンスの持ち主(なハズ)。

「ぜひ会ってみたい」と返信すると、
さっそく「今日にでも」というメール。

仕事帰り、待ち合わせのカフェへワクワクしながら
出向いたわたしが見たものは、何の変哲もない(失礼!)
普通のおじさん・・・。

一瞬目が点になったわたしに、彼女がひと言。

「服装なんてね、この人の人柄に比べたら
取るに足らないことなのよ」。

何だ、それ!?

今までさんざん「お洒落な男じゃなきゃ!」なんて言ってたくせに。
とは言え彼女のした選択に、ホッと胸を撫で下ろしたわたし。

なんだかんだ言って、彼女も普通の女性だったのね。
それに「服装で人は判断できない」ってことに気づいてくれたことが、
わたしにはとってもうれしいよ♪

マナー違反はみんなの迷惑!

先日地下鉄に乗ってたら、目の前で
お化粧を始めた若いOL風の女性に遭遇。

リップグロスを塗るぐらいなら今までにも
見たことはあるのだけど、
ファンデーションから始める本格的な
メイクアップってゆうのは初めて。

個人的には他人にお化粧しているところなんて
絶対に見られたくないけれど(彼氏にだってイヤ!)、
その若いOL風のお姉さんはまったく気にもしていない様子。

けっこう周りの人は、彼女の行動に釘付けになってたんだけど・・・。

「恥ずかしい」っていう概念って、時代と共に
変わりつつあるのかな。

他にも電車の中でパンとかおにぎりとか
平気で食べてる人もいるし、
臭いのきついものを広げられた時には、さすがに
気分が悪くなったわ。

例えば携帯電話を使って大声で話してる人とか、
座席に荷物を置いちゃってる人とか、
そうゆう分かりやすいマナー違反じゃないんだけど、
電車の中で化粧したりお弁当広げたりするのは、
けっこう人に迷惑かけてると思う。

電車は自分の家じゃないんだから(って当たり前だけど)、
周りのことをもっと考えてほしいな〜と切に願うわたし。

それにしてもこうゆうマナー違反って、別に若い人だけじゃ
ないんだよね。
けっこう年配の人でもしてたりして。
ほんと、いい大人がみっともないって思わない?

わたしは自分が年を取っても、マナーの悪いおばさんにはなりたくない!

おいしい活用法

「永谷園のお吸い物」ってあるでしょ?あの松茸味の。
うちでは母親がチラシ寿司とか作った時に、
よく横にそのお吸い物が添えられてたんだよね。

お味噌汁とは違う独自の風味で、すごくおいしかったなー。
実はわたし、あのお吸い物が大好きだったの。

それから月日が経って、ひとり暮らしを始めたから
母親のチラシ寿司を食べることも滅多になくなり、
お吸い物の存在も忘れてたんだけど、
この間スーパーでたまたま目に留まったんだ。

「お、懐かしい」と思って、一袋買ってみたの。
そしたらパッケージに、お吸い物の素を使ったレシピが
いろいろ紹介されてたんだ☆

「エリンギの和風パスタ」とか「きのこの炊き込みごはん」とか、
「茶碗蒸し」とか。

どれもすごくおいしそー。

というワケで、一品ずつ作ってみることにしたの。
まずは「エリンギの和風パスタ」。
実はエリンギが手に入らなくて(ってかちょっと高くて)
えのきで代用したんだけど、これはこれでおいしかったよ。
しかもお吸い物の素だけで、他の調味料は必要ないし。

次は「きのこの炊き込みごはん」にチャレンジする予定。
うまくできたら友達にもおすそ分けしてあげようかな。

実家に帰って、母親に食べさせてあげるのもいいかもね。
彼女の口ぐせは「ちゃんと自炊してるの?」だから、
わたしがちゃんと料理してるってこと、アピールしなきゃ(笑)。

彼は偉大だー!

夏真っ盛りだけど、秋っぽいワンピースを買った。
ブラウンベースに小花がたくさん散ったフェミニンなデザインで、
茶色のブーツによく似合いそう。

そのワンピース、実はひと目惚れして買ったんだけど、
わたしとしては自分でもちょっと意外。
わたしのファッションと言えば、夏場はキャミソール&ジーンズだし、
秋はチュニック&ジーンズ。

ワンピースもいくつか持ってるけどすべてシンプルなものだし、
お花のデザインなんて初の試み。

なにか気持ちに変化でもあったのかな?

ちょっと考えてみると、やっぱり彼の影響かもしれない。
この間彼が、「君にはかわいらしい感じの洋服もきっと似合うと思うよ」って
言ってくれたから。
それがずっと心に残ってて、あのワンピースを買わせたのかもしれないな。

やっぱり彼の存在って偉大だ!

もちろん彼の言うことをすべて鵜呑みにするわけじゃないけれど、
それでも彼のアドバイスはとっても貴重。
自分のことを家族の次に分かってくれる相手だもんね。
だから頼りになるし、リスペクトできる。

どんな関係でもそうだけど、相手をリスペクトできなくなったらおしまい。
特に男女間の場合は、お互いを尊敬し合うことがとっても大切だと思う。

まだ今は暑くて着られないけれど、秋になったら
お気に入りのワンピースを着て、その姿を彼に見せたい。

きっと「似合うよ」って言ってくれるハズ♡

ひとりの時は無頓着

最近冷やしそうめんに凝っていて、夕食にはそればかり食べている。
こう暑い日が続くと食欲もイマイチだし、夕食はなるべく簡単に済ませたい。

冷たいそうめんはのどごしが良く、ツルツルっと素早く食べられるのがいい。
麺を鍋でサッと茹でたら水洗いして冷やすだけだし、
麺つゆだって作らなくてもコンビニで素が売ってるし。

気が向いたらネギや錦糸卵なんかの薬味を用意するけれど、
基本的にはそうめんとつゆだけ。
作りはじめから食べ終わるまで10分くらいだし、
手軽で安上がりなのがとってもお気に入り。

知り合いに話すと「味気ないねぇ」ってあきれられるケド、
わたしはあまりグルメなタイプではないので、
お腹が膨れれば全然オッケー。

そう言えば、冬は炒り卵ごはんばっかり食べてたなー。
これも溶き卵をフライパンで炒めただけ。
味付けはしょう油と味の素少々。
卵は2個の時もあるけど、だいたいは1個。
気が向い時は、刻み海苔を一緒に振りかけたりしてた。

もちろんこんなわたしでも、彼のためにはちゃんと料理する。
洋食屋で食べるようなふわふわ卵のオムライスを作ったりするし、
中華料理屋で食べるような具がたくさん入った中華飯を作ったりもするし。

要するに、自分ひとりの時は最低限に済ませたいだけ。

案外主婦だって、食べてくれる人がいなければ食事なんて作らないと思う。
だって面倒だもんね(笑)。

めでたい、めでたい

友人に赤ちゃんができたとのこと。

安定期に入るまでは内緒にしておきたかったらしく、今月になってようやく解禁。

いやーめでたい!

実は彼女、結婚して10年。それまで何度かチャレンジしたものの、
残念ながらうまくいかなかったらしく・・・。

だから今回はかなり慎重になって、きちんと赤ちゃんがお腹の中で
育ってるのを確認するまでは、安心できなかったみたい。

念願の赤ちゃんだから、きっと産まれたらかわいくて仕方ないだろうな〜。

彼女自身、なんだかほわんとしてておっとりとした子だし、
きっと優しいお母さんになれると思う。

最近は幼児虐待のニュースばかりが目立っているけど、
中には彼女のようにようやく子どもができたってゆうお母さんもいて、
心から愛してる人もいるのにね。

子どもに罪はないのに、産まれてくる家庭によってその子の運命が
決まっちゃうなんて、ホントに悲しくなっちゃう。
本来ならそんなこと絶対あってはいけないのにね。

わたしの友達にも何人か子どもを持ってる子がいるけど、
もちろんみんないいお母さん(中にはかなり子どもを甘やかしてる
ダメなお母さんもいるケド)。

わたしもいつか子どもができたら、愛情をたくさん注ぎつつ
厳しく!育てたいと思う。

やっぱりお手本は、自分の両親かな。

それってどうなの!?

実家の近所にあるコンビニエンスストアに、
ものすごーく愛想の悪い店員がいる。

その女性、年の頃は40代。
「ほんとはあたし、コンビニでなんて働きたくないのよ!」なんて
イヤイヤオーラがたっぷり出てて、接客してもらうのもためらわれるくらい。

「あんなに愛想悪くて、よくクビにならないわねぇ」と母があきれるくらい、
とにかく無愛想。

とは言え買い物に行くとだいたいその女性がレジにいるので、
仕方なく会計してもらうのだけれど・・・。

先日、ついにわたしがブチギレた出来事が。

その日、どうしてもほしいものが棚に見当たらなかったわたしは、
仕方なく彼女に質問。

わたし「あれって今売り切れですか?」
彼女「棚にないならそうなんでしょ」
わたし「次はいつ入荷するか調べてもらえますか?」
彼女「それはちょっとできないんだけど」
わたし「(怒)なぜですか?」
彼女「手間かかるし。家が近くなら、ちょくちょくチェックしに来ればいいじゃない」

そのひと言で、ついにわたしの堪忍袋の緒が切れた・・・。

「なによ、その態度!いくらわたしが年下だからって客にタメ口なのも
信じられないし、そもそもそれが店員としての態度なワケ!?
そんなに働くのイヤなら、とっとと辞めなさいよ!!」

わたしの大声を聞きつけ、マネージャーらしき男性が
平謝りしたのは言うまでもなく。

冷静になった後「ちょっと大人げなかったかしら?」なんて反省したけれど、
「あんたよく言ったわよ」と褒めてくれた母を見ていたら、
「これで良かったのかもな」とも思ったり。

その後も彼女はレジにいて、相変わらずの無愛想。
ここまで自分を貫けるのは、ある意味すごいと思う。

スワロフスキー?クリスタライズ?

結構、こまこました作業が好きで
スワロフスキーのラインストーンを買って、デコやネイルをしているんですが
少し前から「クリスタライズ」という名前を聞くようになりました。

クリスタライズ??

どうも、いつ頃からか「スワロフスキー」というのは社名と完成品、
ラインストーンは「スワロフスキー社のクリスタライズ」

という感じになったようです。

いい慣れてないから変な感じ。

お水って大切

お水って大切なんだなって。

最近、今さらながら実感。
今までは、味がない水を飲むことが苦手だったけど
今では好んで水を飲む。

理由は、足のむくみ方が全然違うから。

きっかけはエステで言われたからなんだけど、
半信半疑で、普段飲む水分を水にしてみると
今まで相当ひどかったむくみが、だいぶマシになった。

考えてみたら、人の体の70%は水なんだもん。
ジュースとかお茶とか不純物が入っているより
良さそうな気がするよね!

このアーカイブについて

このページには、2010年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2010年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。